TERAVAILのタイヤで旅に出ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。街中も公園も桜色に染まり、心華やぐ春を迎えましたね。

暖かくなると自転車に乗って何処かへ旅をしたくなるものです。

バイクパッキング、キャンプツーリング、木が生い茂る山道を走ってみたり、近所の河川敷を走ってお花見に行ってみたり。

何をするか考えるだけでも楽しいですね。

今回は、様々な自転車の楽しみ方の一つであるバイクパッキングについて御紹介します。

【バイクパッキングとは】

キャンプツーリングとは異なり、荷物を積む為に必要なキャリアや多くの荷物を入れられるパニアバックを使用せずに、サドルバックやフレームバックなどの汎用性の高いバックを自由に組み合わせる事で荷物がコンパクトにまとまり軽くなります。

数年前から日本でも認知され始めた新しいツーリングのスタイルです。

ツーリングのイメージとしては、専用の自転車を用意して後輪に大きなバックを取付するイメージを抱きがちです。1週間を超えるような行程で旅に出るのであれば荷物もたくさん載せる事が可能で走りも安定するのでパニアバックやキャリアを使うメリットは大きいです。

しかし、1泊2日の旅や旅先でホテルに宿泊するのであれば荷物を減らして気軽に旅に出れるバイクパッキングがお勧めです。

着替えやモバイルバッテリー、調理器具にカメラなどなど・・・

バックの数は旅のスタイルにもよって変わりますがテントや寝袋を積んでもこのくらいに収まります。

写真の車体に装着されているタイヤはTERAVAIL CANNONBALL」です。

CANNONBALLはアメリカで開催されているグラベルレースを走るユーザー達から週末ツーリングユーザーまで幅広いユーザーから支持されており、砂利道や乾いた土の路面を最も得意としながらも、舗装路でもスムーズに転がるお勧めなタイヤです。

今までは走りたくても躊躇していた荒れた舗装路や小石や枝が散乱する道まで臆する事無く走り抜ける事が出来ます。もちろん普段の通勤/通学にもお勧めです。

 

こんな道を走ってみたり・・・

写真の説明はありません。

ふらっと港に立ち寄ってみたり・・・

DAVE TO ADD ALT TEXT

自転車で走った後のビールは格別です。

DAVE TO ADD ALT TEXT

朝目覚めて入れる珈琲は至福の時間ですね。

いかがでしたでしょうか?これは一例として御紹介しましたがTERAVAILのタイヤは様々なサイズとパターンがあるので、走りたい路面に合わせて選ぶ事が出来るのも魅力の一つです。

春とはいえ朝晩はまだ冷え込む日もありますので、お体には十分お気をつけください。

 

末友克俊

この記事を担当したのは末友克俊です。

FOLLOW US新商品やイベントなど最新情報をチェック!