BMX空気圧 JYU BMX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はフリースタイルBMXの空気圧についてご紹介させて頂きます。

空気圧は人それぞれの好みや、乗る場所によっても異なりますが、今回はJYU BMXの開発者でもるBMXフリースタイルライダー岡村 旭の経験をもとに空気圧についてご紹介させて頂きます。JYU BMXの明細はこちらからご覧下さい。

BMXライダーのタイヤの空気圧はどれぐらいなのでしょうか?
よく上級者のライダーに空気圧はどれぐらい?と質問すると大体のライダーがあまり気にしていないと答える印象があります、まれにしっかりとした空気圧を答えてくれる方がいらしゃいますが答えはストリートライダーとパークライダーで少し平均的に誤差があるように思えます。そこで自分(JYU BMX開発者 岡村 旭)の実体験をもとに空気圧について考えてみました。あくまでも個人の感想なので参考にと思います。まず周囲のストリートライダーの空気圧に多いのが約3.5気圧あたり、パークライダーに多いのが約5.5気圧あたりです。コレをもとに1気圧あたりは、はぶいてなぜそれぐらいになるのか仮の答えを探ってみましょう約2.5気圧からおおざっぱに約8気圧までの個人の印象です。

:約2.5気圧:タイヤがゴムボールのように柔らかく走りは悪いのですが
      跳ねはひじょうに良くバニーホップなど楽に飛べて落下した時の衝撃吸収が
      とても良いです その代わり段差などの角でタイヤをぶつけた時
      パンクの確立がひじょうに高いです チューブやパンク修理キッドを
      持っていないと不安になります。

:約3.5気圧:タイヤは、ほどほどに柔らかくまずまず走ってくれます
      跳ねも良く着地の衝撃も吸収してくれます 約2.5気圧とくらべて
      パンクの確立が少し減ります アールの多いパークのライディングは
      少しスピードが出にくいですが安心して走れます バンクの多いパークでは
      快調です。

:約4.5気圧:タイヤは少し固い印象で走ってくれます
      跳ねは少しで着地の衝撃は膝で吸収すると問題ないぐらいです
      ストリートライディングでは固いタイヤの印象でパークライディングは
      なかなか走りも良く少し柔らかさを残した印象です
      このあたりから角にタイヤをぶつけた時のパンク確立がぐっと減ります。

:約5.5気圧:タイヤが固くかなり走りが良くなります
      タイヤが地面のオウトツを感じるようになりゴロゴロとタイヤが転がっている
      印象をうけます ストリートライディングはかなりタイヤが固く感じられ
      跳ねは無く着地のショック吸収は膝と身体全体の柔軟さが必要になります
      手首が痛くなります 一方アールの多いパークライディングではペダルを漕ぐ回数が減り
      爽快に走り、慣れないと怖いぐらいです とにかくエアターンなどの高さが低い空気圧と
      くらべて格段に上がりやすいです 初心者の方はスピードが出過ぎるのでおすすめ出来ません
      ちょっとぐらいの角のぶつかりにはパンクはほぼしません 町乗りには調子が良いと思います。

:約6.5気圧:タイヤがカチカチに固く感じ走りが速い 高気圧に耐えるタイヤを選ばなければ
      リムからタイヤがはずれチューブが飛び出し破裂するおそれがあります
      ストリートライディングでは確実に手首がダメになります 圧縮された空気で
      タイヤの重量が重くなります パークライディングはガンガンに速くなり
      僕はエアターンがあまり飛べないので未知ですが おそらくこの空気圧はぶっ飛とぶと
      思われます 予備知識ですがこの辺りからフラットランドのライダーの空気圧になって
      いきます がっつり角にタイヤをぶつけてもパンクしない時があります。

:約7.5気圧:タイヤはカンカンですカチカチのさらに上です ストリート パークでは
〜8気圧  国内の友達ではデータがありません 世界的に見ても少ないと思われます フラットランドでは
      支流の空気圧になります。
      タイヤがたわむ事無く地面との接地面が少なくなり抵抗も無くクイックになります
      タイヤが転がり続けますフラットランドの上級者向きの空気圧になります
      フラットランドをされてる方にはぜひ試してみていただきたいです
      ちなみにおもいっきり角にタイヤをぶつけてもなかなかパンクしません。

僕個人(JYU BMX開発者 岡村 旭)で知りうる知識ではこのようになりました 個人的な答えではストリート系のライダーはパンクも考慮してショック吸収の約2.5気圧あたりかほどほどに快適な約3.5気圧あたりに落ち着くのかと思われます。
パーク系のライダーはスピードも必要なのを考慮して約5気圧あたりから約6気圧あたりになるのではないかと思いました。
参考になれば良いのですが 自分の心地よい空気圧が一番だと思います。つまり空気圧は気にしていませんと答えるライダーが多いのは、空気圧を知らなくとも自分のベストの空気圧を身体で体感しているのでしょうね。

※今回の空気圧につきましてはあくまでもご参考にして頂ければと思います。

HAYASHI

この記事を担当したのは私です。

HAYASHI記事一覧
担当:アウトサイドセールス 趣味:BMXボールライディング&ダートジャンプ、サイクリング。 愛車:TERRIBLE ONE BARCODE,FAIRDALE PARSER。Keep Riding 担当ブランド:MONGOOSE,FAIRDALE BIKES,HOFFMAN BIKES,KINK BIKE CO,VOLUME BIKES,FBM BIKE CO,CRUPI,RHYTHM,ANIMAL BIKE,DEMOLITION, TERRIBLE ONE.