ALL-CITY

オールシティ(アメリカ)

取り扱いアイテム
すべて

2009年、All-Cityというフレッシュなトラックバイク専門ブランドを設立した若きサイクリストJeff Frane(ジェフ・フレイン)はこう語る。

「僕たちの目標はアーバンサイクリングの文化とその道具の進化に意味ある貢献をする事。お金のためではなく、流行のためでもなく、それは僕たちの人生、僕たちのラブ、僕たちの仲間作りであり、僕たちの夢だ。僕たちライダーが他のライダーのために物を作るのが僕たちの会社。マシーンと、それを乗る人々と、その二つが世界に与えられるポジティブな変化に対する情熱を生きている限りみんなで分かち合うんだ。」

MTBでトレイルやレースを走りながらウィスコンシン州の小さな街で育ったジェフは大学卒業後にミネアポリスのサイクルショップでメカニック/ビルダーとして働き出し、そこでトラックバイクやシングルスピードバイクに出会う。その生活の中で彼は自然に仲間を取り込んでアリーキャットレースを開催したり、ミネアポリス市民の為にサイクリングイベントを開催しはじめる。以降ミネアポリス市のサイクリング文化に深く入り込んでいった彼が、満を持して設立したアーバンでクールなブランドがAll-City. このCityは他でもないミネアポリス市。そのヘッドバッジやフレームのエンドにはミネアポリスの象徴ともいえる「ヘネピン橋」がほこらかにデザインされている。「BMXやスケートボードがそうだったようにトラックバイクも遅かれ早かれヒップでクールな物から、大企業も扱う商売道具になっていくと思う。そうなった時にもライダー達が本当に必要とするパーツをリーズナブルな価格で提供できライダーから支援され続ける会社を作り上げる事が僕の仕事だ。」

大都市におけるサイクリングカルチャーにかける熱い気持ちを語った後に、 ジェフは言う:「大きなことを言ってしまったけれど、バイクもバイク文化も自分自身にもまじめ過ぎは禁物だよね。リラックスして楽しみましょう。街で僕を見かけたら声をかけてね。」

INSTAGRAM写真でこんにちは!