GWに間にあわせて、旅に出ませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ春本番の陽気になってきましたね。

「ゴールデンウイークの予定がない⁉」なんてお悩みの方はいませんか?

本日紹介したいのは、旅する自転車=SURLY LONG HAUL TRUCKERです。

かの小口良平さんも世界一周の旅に使った、

世界のアドベンチャーサイクリストに絶大な支持を受ける定番ツーリングモデルです。

 

この自転車の素晴らしいところは、

重量物を積んで、何年にも亘る旅に使ってもへっちゃらという並外れた強度と、

誰にでもなじみやすい乗りやすさの融合にあります。

前後に大きなラックを取り付け、大量の荷物を積んでも安定して走れるよう

低速安定性を高めたフレーム設計が、そんな走りを後押しします。

そのため、スポーツ自転車が初めてという方にも大変扱いやすく

身長150㎝ちょっとから乗れるサイズも揃っているため、

ひそかに都市部で働く女性にもウケております。

 

しかも完成車は、ちょっぴり太めのタイヤを装備しているため

驚くほど乗り心地が良いのです。

丈夫で、乗りやすくて、なんだかペダルを踏むたびに楽しくなる。

そんな不思議な個性が、口コミで広がり、ロングセラーバイクとなっています。

 

写真のフレームカラーは、世界に先駆け日本で先行発売したクラウディラグーンです。

先日、入荷したばかりで、今ならビッグサイズを覗いて

ほとんどのサイズを在庫しています。

 

そう、今すぐSURLY販売店に行けばGWに旅に出るなんてこともできちゃうのです。

(とはいえ、絶対に間にあわせるためにはなるべくお早めに行動を!)

 

いつかは世界を走る! なんて夢を抱きながら日常生活で楽しく実用的に使える自転車。

そんなLONG HAUL TRUCKERはいかがでしょう?

 

商品情報は、こちら

お近くの販売店検索は、こちら

 

最後に、その特徴をちょこっと紹介します。

フロント3段×リア10段の変速機を搭載。

ロードバイクなどでは定番のリア11段、12段変速よりも、チェーンのトラブルが少ないため、日常生活でも、長い旅でも安心して乗れます。

もちろん、荷物を積んで長い坂を上るにも十分な軽いギア比をカバーしています。

 

ハンドルは、アップライトなポジションにセットできるので、ドロップハンドルといえどもリラックスした走りを楽しめます。

バーエンドに取り付けられた変速レバーは、壊れにくく、厳冬のライドで分厚いグローブをしたままでも操作できる特徴を持ちます。

 

乗り心地を重視した太めのタイヤを履いています。

フレームサイズ42~54cmは、26×1.5インチ、56~58cmは26×1.75インチ、56~64cmは、700×37Cのタイヤを装備します。

56、58㎝については、タイヤサイズが26″と700Cの2種類のフレームが存在します。

 

チェーンステーには、予備のスポークがきれいに収まっています。

世界を旅する際にも安心の装備です。

 

レトロだけれど使い勝手がいいフレームポンプを収めるペグも直付けされています。

こういう細工が旅心をくすぐります。

フロントフォークには、SURLYのラックはもちろん、

他社のラックやフェンダーをマウントできるダボ(ネジ穴)もたっぷりついています。

****************

 

“旅”とは、長い距離を走るだけではなく、身近な場所を散策するのもまた”旅”です。

大切なのは、ペダルを踏んで前へ進み出すこと。

自分の町から隣町へ。それだって立派な旅です。

さあ、自転車で自分だけの旅に出かけましょう!

Shuji

この記事を担当したのは私です。

Shuji記事一覧
担当:マーケティングマネージャー 愛車:SURLY 1×1、CROSS-CHECK、ALL-CITY BIG BLOCK、MONGOOSE LEGION、etc 趣味:ユルく自転車に乗ること。BARで飲んだくれること。サッカーなど。 担当ブランド:SURLY、XTRACYCLE、45NRTH