THE AMERICAN TRAIL RACE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日FACEBOOKでもシェアさせて頂いたTHE AMERICAN TRAIL RACE.
皆様ご覧いただけたでしょうか?

ライダー達は着実に距離を伸ばし、レースは現在中盤戦に差し掛かったところ。
鉄は熱いうちに打てということで、絶賛開催中の今、もう少し詳しくご紹介させていただこうかなと思います。

AMERICAN TRAIL RACEは今回初開催となった、アメリカ横断5000mile(8046.72km)のセルフサポート・バイクパッキングレースです。

コースはTRANS-AMERICA TRAIL(AKA:”TAT” モーターサイクリストによって設立された未舗装のアメリカ横断道)を主体としており、最大獲得標高は13,086ft(3,989m。富士山超えてます(笑))で累積標高は約30万ft(91,440m)!!

僕にはもう何の事だかさっぱりわかりません(笑)

このTATを自転車で横断する試みは2015年の8月にSARAとTOM SWALLOWによって初めて成し遂げられたとのこと。
彼らは87日間(81日のペダリングと6日の休息)かけてTATを走破しました。
(こちらのリンクにこの旅の記録が5章に渡ってまとめられています。こちらも面白いので是非ご一読を!)

さて、AMERICAN TRAIL RACEは本日で13日目に突入しており、徐々に順位に差が出てきております。
現在トップはDYLAN TAYLOR。

そして気になる彼のバイクがこちら!!

SALSA CUTTHROAT (完成車イメージ)

CUTTHROATはULTRA-ENDURANCE MIXED SURFACE / TOUR DIVIDE-INSPIRED / BIKEPACKINGと位置づけられており、正にAMERICAN TRAILのような超耐久のバイクパッキングレースのためのマシンなのです。

DYLANの他にも2名のライダーがCUTTHROATをチョイスしていることからもCUTTHROATのポテンシャルの高さが伺えます。

スピードに重きを置いたマウンテンドロップジオメトリーはテクニカルなシングルトラックやグラベル、荒れた舗装路でも機敏に働くと同時に、CRASS 5 VIBRATION REDUCTION SYSTEMにより抜群の安定性と快適性を誇ります。

また、フォークの3パックマウントに加え、トップチューブバッグのダイレクトマウントも装備し、ドロップハンドルでありながらも十分な積載量を確保できます。

わかりやすく例えるならFARGOをよりレーシングスペックにした感じですかね。。。

これまでアドベンチャーバイクの代表格と言えばFARGOでしたが、「より速く・より遠く」を目指すあなたの新たな選択肢としてCUTTHROATを加えてみてはいかがでしょうか?

CUTTHROATが気になった方は是非お近くのSALSAディーラーにてお問い合わせ下さい。

PS: CUTTHROATには「激烈な」って意味の他に「人殺し」っていう意味もあるんだとか。。。(笑)

elmon_mx

この記事を担当したのは私です。

elmon_mx記事一覧
名前:ELMON 担当:アウトサイドセールス 愛車:Salsa Chili Con Crosso、Salsa Warbird Titan、All-City Dropout、etc... 趣味:キャンプライド、テンカラ、焚火、音楽、自転車いじり。自転車と他の遊 びを組み合わせるのが好きです。 担当ブランド:SALSA