CULTサポートライダー 彼末崚 BIKE CHECK!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ストリート、パーク共にテクニカルなライディングで定評のあるCULTサポートライダーの彼末崚のバイクチェックの紹介です。
黒のSOSフレームが印象的なリョウですが、今年の2月初めにフレームをCULT DAK V3 GREENPATINAへ変更しました。
CULT DAKOTA ROCHEシグネチャーのこのフレームですが特徴的なのはこの色です!
グリーンを基調としたフレームカラーにブラックを所々散りばめアクセントにしています。DAKOTAデザインの鷹のグラフィックも印象的です。チェーンステイも13.25と最近主流のやや短めのチェーンステイです。
トップチューブは20.5を選択しておりリョウのクイックでレスポンスの高い動きをフォローしています。

フレームの変更に伴い、バー、ステム、フォークも変更しました。
バーはCULT HAWK BARでバーライズ8.8 バックスウィープ10° アップスウィープ4°と少しクセがありそうなスペックですがあのCHASE HAWKが使っているという絶対の安心感がカバーします!(笑)
冗談です! リョウ曰く「最初はクセのありそうなバーという印象でしたが実際に使ってみると使いやすい」という感想でした。
ステムは以前はフロントロードを使用していましたが今回はANIMAL MR TOP LOADステムへ変更。バーの位置が少し高くなりリーチ48mmとよりレスポンスの高いバイクへ。

フォークは剛性の高いCULT IC SECT V3フォークへ変更。オフセットは28mmと長すぎず短すぎず、ちょうど良いリーチです。
フロントホイールはCULT CREW FRONT WHEEL MACH RIM頑丈さに定評があるMACHリムにCULT新作のCREW HUBを投入しています。
タイヤはSHADOW STRADA NUOVAタイヤサイズは2.3でこのアグレッシブなトレッドパターンがリョウの安定したマニュアルからウォールライドを支えています。
ペグはANIMAL BENNY PEGです。

クランクはCULT HAWK CRANKSスピンドルは22mmでアーム長は標準よりやや短い170mm。
スプロケットはOS GUARD 25Tスプロケットです。ストリートでのグラインドが多いリョウのライディングからスプロケットの破損を守っています。
チェーンは無敵の強度を誇るSHADOW INTERLOCK SUPREMEです。ストリートでチェーンを切って自転車を押して家まで帰るというトラウマな事態から最大限に守ってくれます。(チェーンの寿命が長いという意味です。絶対に壊れないという事ではありません)

シートはRICANY TIGER TRIPOD SEATブラウンカラーがフレームの色にあっています。

リヤホイールはCULT CREW CASSETTE MACH WHEELフロント、リヤともCULTのホイールで揃えています。
リヤタイヤも前と同じでSHADOW STRADA NUOVAです。
リヤペグも前と同じくANIMAL BENNY PEGです。

BIKE SPEC

Frame: CULT DAK Green Patina
Fork: CULT IC Sect V3
Bar: CULT HAWK Bar 8.8
Grip: CULT DAK
Stem: ANIMAL MR Top Load
Headset: CULT
Cranks: CULT HAWK Cranks 170mm
BB: SHADOW
Pedals: CULT Nylon
Sprocket: CULT OS Guard 25T
Chain: SHADOW Interlock Supreme
Seat: CULT RICANY Seat
Front Wheel: CULT Crew Wheel
Rear Wheel: CULT Crew cassette Wheel
Tyres: SHADOW Strada Nuova 2.30
Pegs: ANIMAL BENNY Pegs

そんなNEW BIKEに乗り換えたリョウからさっそく映像が届きました。
ストリートでの彼のハイレベルなトリックの数々を是非ご覧ください!

RYO KANOSUE – NEW FRAME & NEW PARTS from FIVESTAR BMX CREW on Vimeo.

INAGAKI

この記事を担当したのは私です。

INAGAKI記事一覧