ALL-CITY BIG-BLOCK TRACK BIKEのご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年末に大いに盛り上がったALL-CITY JAPAN TOUR 2014。彼らの目線で見た日本の様子が本国サイトにアップされています。こちらから是非ご覧ください。

今回は、ALL-CITYが提案するTRACK BIKEである[BIG BLOCK]をご紹介させて頂きたいと思います!

ALL-CITYが初めて作りあげた記念すべきファーストモデルがこの[BIG BLOCK]です。
この自転車は、伝統的なトラックバイクのシャープなアングルとクイックなハンドリングを実現し、UCIの基準にあらゆる点で100%適合する古典的なヴェロドロームレーサーに仕上がっています。古典的なヴェロドロームレーサーというのは、簡単に言ってしまうと速さに重点を置いて開発されたモデルという事。ヴェロドロームの中を誰よりも速く走り抜けるために開発されたモデルなんです。
このコンセプト通り、ペダル踏んだ時の自転車の進み方は思わず笑ってしまうことでしょう。
踏めば踏んだだけ走る。
この当たり前の事をここまで実感できる自転車はそう多くありません。
しかし、忘れてはいけないのは[BIG BLOCK]を作ったのがALL-CITYというブランドだと言う事です。彼らの提案する自転車は毎日乗ることを大前提に考えられています。毎日の通勤、通学、散歩等、いかにレースを意識して作った自転車でも毎日乗れなければ意味が無いのです。
反応の良いフレームは毎日のライディングでも気分を盛り上げてくれます。また、クロモリ製のフレームは一生を付き合っていける強度とは裏腹に体にやさしいしなりを提供してくれるのです。
また、ALL-CITYのすべてのバイクに標準となった32Cのファットタイヤが装着できるタイヤクリアランスも大きな魅力です。彼らの本拠地ミネアポリスの象徴であるヘネピン橋をあしらったチェーンテンショナー内蔵のオリジナルドロップアウトもこのモデルから始まったのです。


固定ギアと言うだけで身構える方は多いですが、前後ブレーキが付いている固定ギアは本当に素晴らしい乗り物だと思います。
シンプル故に故障といった事がほとんど発生しませんし、部品の消耗もほとんどありません。何よりも重要なのは、自転車との一体感を味わえるという所です。多少の慣れは必要ですが、慣れてしまえばペダルを踏むだけで楽しむ事ができ、上り坂も下り坂も平坦な道もすべてを楽しめる魅力的な相棒になる事でしょう。

長くなってしまいましたが、毎日乗る自転車を探している方、どうせ買うなら長く楽しみたい方、一度この[BIG BLOCK]も候補に入れてみてはどうでしょうか?
このモデルが気になった方は全国のALL-CITY販売店様へお問い合わせください。

tagosaku

 

saku

この記事を担当したのは私です。

saku記事一覧
担当:仕入れマネージャー 愛車:FIT BIKE CO. DUGAN、All-City Big-Block、All-City Macho-Man、YAMAHA WR250R etc 趣味:スケートボード、オフロードバイク、登山、BMX、サイクリング。乗り物が好きです。 担当ブランド:HARO BIKES、SE BIKES、All-City、FIT BIKE CO.、PREMIUM PRODUCTS、ODYSSEY、G-SPORT、MARKIT、ProfileRacing、ACS