斉藤 拳 BIKE CHECK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、最近フレームやパーツ類を新調した MXインターナショナルサポートライダー斎藤 拳 君のバイクをご紹介します!

 

彼が新しく変えたフレームは、KINKBMX Williamsフレームです!

ショートチェーンステーのWilliamsフレームですが、リアの長さが前のフレームより短くなったことで回転系やテールウィップなどがとてもやりやすくなったそうです。

Frame : KINK Williams 21.0
Bar : KINK Williams 9.25
Fork : KINK CST 28mm
Grip : ODI Longneck
Stem : DEMOLITION Lodes
Headset : KINK
Cranks : KINK BRACE Cranks 170mm
BB : KINK
Pedals : CINEMA CK Pedals
Sprocket : DEMOLITION Markit V2 25T
Chain : SHADOW Interlock V2
Seat : DEMOLITION Hucker Hawaiian Tripod
Front Wheel : DEMOLITION Whistler PRO Wheel
Rear Wheel : DEMOLITION Whistler PRO Cassette wheel
Tyres : DEMOLITION Momentum 2.30
Pegs : PRIMO OSS Pegs

KINKBMX、DEMOLITIONを中心としたパーツセッティングになっています。

 

まずはホイール周りから、

DEMOLITIONのMomentumタイヤは、軽さが魅力的なオススメタイヤです。 2.30サイズの方は幅広なので、着地の衝撃もしっかりと吸収してくれます。

 

リアホイールはDEMOLITIONのWhistler PROカセットホイールです。

ラチェット音が特徴的なカセットハブと、頑丈なリムの組み合わせのホイールです。

 

クランクスプロケットも新調しています!

 

シートはフレームの色に合わせて、DEMOLITIONのMike Huckerシグネイチャーシートを装着。

全体的にブルーを基調とした、夏にぴったりなカラーリングに仕上がっています。

 

新しく変えたパーツでライディングしている彼の映像も、こちらから是非チェックしてみてください!

齋藤拳 Instagram

 

 

 

 

 

彼末 崚

この記事を担当したのは彼末 崚です。

モトクロスインターナショナルサポートライダー スポンサー:Motocrossinternational, CULT, FIVESTARBMX