FIST Handwear が冬に大活躍するお話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、FISTのグローブが冬に大活躍するであろうお話をしていきたいと思います。

個人的な話にはなりますが、わたくし冬はスノーボーダーとなって主に岐阜の雪山にお世話になっております。

(スノーボーダーと言うとメチャクチャうまい人みたいになりますがポコジャンで四苦八苦しているレベルと言えば大体わかってしまうかと思います…..)

 

そんな私がFISTの担当になって思った事。それは…

 

これインナーグローブにめちゃくちゃいいやん!!

ということでした。

 

インナーグローブとはその名の通り、冬の分厚いスノーグローブの下につける手袋です。

スノー用の分厚いグローブだけでも暖かいのですが、何度も滑ってころげまわっているうちに、だんだん雪が侵入してきます。そして手が冷たくなると元気がなくなってきます…

 

そんなとき役立つのがこのインナーグローブ。

一枚あるだけでかなり変わります。

 

 

実際にスノーグローブの下にはめてみました。

前回のバナナ再登場です。

 

 

上からつけた状態です。

私のスノーグローブは小さめなのですが、インナーのFISTは完全に隠れていますのでどの柄を選んでも大丈夫ですね。

 

下から見るとこっそりFIST。

 

 

 

滑っているときの暖かさももちろんですが、

雪山で上の方へ行く際にのるリフトの上でケータイなどの物を取り出すとき、物を落としてしまわないかドキドキしませんか?

立ち入り禁止の場所や危険そうな場所ならなおさらに。

 

そんなとき、FIST Handwearの自転車やバイクをつかんで離さないグリップ力(もちろん濡れても大丈夫です)があれば、もう怖くありません。

 

さらにマジックテープで手首を軽く固定してくれるので、ねん挫などのケガの予防もできます。

 

夏はサイクルグローブ、冬はインナーグローブとしてオールシーズン活躍が期待できるFIst Handwear。

 

 

ぜひご活用ください!

 

 

この記事を担当したのは五反分真紀子です。