グラベルに最適なバイクタイヤ:テラベイルガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!TERAVAIL担当スエトモです。

グラベルタイヤを選ぶ時の基準はみなさんありますか?

全てのライダーには、それぞれ独自の目標や独自のバイク、および独自の地域の地形があります。走りながら路面が変化していく中で完璧なタイヤを選ぶのは難しいかもしれません。そこで、誰もが独自のニーズを持っているため、グラベルライディングに最適なバイクタイヤを選ぶためのこの基本ガイドを作成してみました。

トレッドパターン

あなたが走る時にメインになる路面は固い砂利道?滑らかな舗装?テクニカルシングルトラック?枝や小石が散乱した荒れた舗装路?タイヤのトレッドパターンは通常、特定の表面で機能するように設計されているため、取付しているタイヤのトレッドパターンが想定していない路面を走る時は注意を払う必要があります。

理想的には、ライダーは地形やコンディションに合うようにライドごとにタイヤを交換することが最善です。しかし、現実の世界では毎回交換する程余裕がある訳ではありません…。

そこで、あなたが主とする路面に適したタイヤを選択することでライドごとにタイヤを交換する頻度を少しでも減らし快適なライドに繋がれば幸いです。

TERAVAILはあらゆるタイプの地形に対応するタイヤデザインを作成しているため、どのトレッドパターンが乗り方に最も適しているかを検討してください。

■RAMPART(ランパート)

ベストな路面:舗装路から起伏のある荒れた舗装路

サイズ:700C/650B

オールロードタイヤとして位置づけられているRAMPARTは、舗装路をメインにしたライドで乗り手に軽い転がりとしなやかな乗り心地を提供します。

センタートレッド部分は軽い転がりを生み、摩耗を最低限に抑える為に厚みが出されています。

サイドラグ部分は様々な路面でトラクションを生み出す3本の切れ込みが入れられています。

詳しいタイヤサイズや仕様についてはこちらを御覧ください。RAMPART

■WASUNURN(ウォッシュバーン)

ベストな路面:舗装路/締まったグラベル/緩いグラベル

サイズ:700C/650B

最速のローリンググラベルタイヤとして知られるウォッシュバーンは、センタースリックを使用して最大のローリング効率を実現し、高いサイドラグと組み合わせてコーナリングの信頼性を高めています。

ウォッシュバーンのセンタースリックは転がり抵抗を最小限に抑えてスピードと勢いを高め、トランジションノブと隆起したサイドラグは間隔を空けてコーナリングトラクションを提供し、汚れや砂利を効率的に排出します。

詳しいタイヤサイズや仕様についてはこちらを御覧ください。WASHBURN

■CANNONBALL(キャノンボール)

ベストな路面:舗装路/締まったグラベル/緩いグラベル/シングルトラック

サイズ:700C/650B

何かと頼りになるオールアラウンダーであるキャノンボールは、グリップの理想的なバランス、最小限の転がり抵抗、コーナリングトラクションを備えており、スピードを犠牲にすることなく様々な路面に対応します。

方向性のあるタイトニットのセンタートレッドは転がり抵抗を効率的に低減し、サイドノブはコーナリングトラクションを向上させます。センタートレッドのダイアモンドパターンは、砂利に乗るために特別に最適化されており、汚れや砂利を効率的に排出します。

詳しいタイヤサイズや仕様についてはこちらを御覧ください。CANNONBALL

■RUTLAND(ラトランド)

ベストな路面:ルーズなグラベル/ぬかるんだグラベル/シングルトラック

サイズ:700C/650B/ 29”/27.5

起伏の多い起伏の多い地形向けに設計されたラトランドは、ぬかるんだ路面で最大限のグリップ力を提供し、未開の地への到達を手助けします。

傾斜した狭い間隔のセンターラグを備えており、転がり抵抗を低減し、よりアグレッシブなショルダーラグとトランジションラグが緩い状態でのグリップを提供します。

詳しいタイヤサイズや仕様についてはこちらを御覧ください。RUTLAND

■SPARWOOD(スパーウッド)

ベストな路面:締まったグラベル/ルーズなグラベル

27.5インチと29インチのライダーにとって、SPARWOODは、バイクパッキング、グラベルライディング、およびその間のすべてに対応した、高速で回転するすべてを実行できるタイヤです。

スパーウッドのセンターラグは、ローリング効率のために持ち上げられ、傾斜しています。ダイアモンド型とシェブロン型のトランジションラグは、シェディングとトラクションを向上させるためにずらして配置されています。一方、L字型のサイドラグは、コーナーをブレーキングしながらグリップを求めて掘り下げられます。

詳しいタイヤサイズや仕様についてはこちらを御覧ください。SPARWOOD

タイヤケーシング

トレッドパターンを選択したら、タイヤのケーシング、つまりタイヤのトレッドがその上と周囲に配置される材料の層について考えます。ケーシングの内部層と構成は、タイヤの感触、乗り心地、パフォーマンスを左右する重要な要素です。

TERAVAILは2つの異なるグラベルタイヤケーシングを提供しています。

■LIGHT&SUPPLE

シンプルな構造で軽量でしなやかな乗り心地を提供します。特にチューブレスでセッティングすると素晴らしい乗り心地を体感出来ます。

■DURABLE

サイドウォールとトレッドキャップにナイロン織り層を備えた堅牢な構成を提供し、パンク、摩耗、裂傷からタイヤを保護します。

どちらのケーシングにも、さまざまなライディングスタイルと優先順位にメリットがあります。2つを決定するときは、次の要素を考慮してください。

ライダーとギアの重量–負荷が軽いと、通常、タイヤにかかる力が少なくなるため、必要な補強も少なくなります。私達の軽くてしなやかなケーシングは、軽量のセットアップでより低い圧力で十分な剛性を備えた快適な乗り心地を提供します。ツアーに参加したり、追加のギアを使用して乗車したりする場合、耐久性のあるビードツービードケーシングにより、快適な乗り心地を維持しながら、安定性と信頼性が向上します。

ライディングスタイル– 一部のライダーは、よりアグレッシブなラインを選んだり、コーナーに強く押し込んだり、一般的にタイヤを粗くしたりします。私たちの耐久性のあるビードツービードケーシングは、フラットになることの結果に苦しむことなく、それらのライダーが限界を押し上げるのを助けることができます。

意図する地形–乗る場所の砂利の種類もケーシングの選択に影響を与えるはずです。砂利が緩んでいる、鋭い、分厚い、または上記のすべての場合、耐久性のあるビードツービードケーシングのDURABLEを検討することをお勧めします。

タイヤの大きさ

グラベルに最適な自転車タイヤを選択する最後のステップは、サイズを選ぶことです。まず、バイクのタイヤクリアランス測定値をチェックして、フレームとフォークにどの幅が収まるかを確認します。

その後、タイヤクリアランスの最大値を下回るものに選択肢を絞り込むことができます。当社のグラベルタイヤの幅は28mmから47mmです(一部のバイクは2.1

幅の広いタイヤは低圧でより安定しているため、起伏の多い地形でも快適で信頼性が高く、効率的である傾向があります。そのため、一般的に、グラベルライディングに使用できるサイズ範囲の広い方を検討することをお勧めします。とは言うものの、幅の広いタイヤのトレードオフは、より多くの重量をペダリングしていることです。重量を優先する場合は、幅を狭くしてください。

たとえば、38㎜タイヤと42㎜タイヤを比較してみましょう。最大の効率と速度を求める場合は、38mmタイヤに寄りかかる可能性があります。快適性と安定性に重点を置いている場合42mmという大きな要因は地形にあります。非常にラフでルーズなグラベルは乗りにくい場合があるため42mmタイヤの信頼性と安定性が増すと、スピードが上がる可能性があります。ただし、固く詰まった砂利や舗装では、38㎜のタイヤの方が速く転がる可能性があります。

結論として、あなたが選ぶタイヤはあなたがどれだけ快適であるか、どれだけ速く乗るか、そしてあなたがどれだけ楽しいかさえも大きな違いをもたらします。この快適性、スピード、そして楽しさを最大化するタイヤの設計に多くの考慮を払っています。TERAVAILのラインナップにはきっとあなたが好きなものが見つかるはずです。お住まいの地域で砂利に乗るのに最適なタイヤは何が良いか考えるだけでも楽しいですよね。もし悩んだ結果、最適なタイヤが分からない場合は最寄りのモトクロス取引販売店へ御相談ください。

これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

水分補給と適度な休憩で楽しい自転車ライフを。

 

 

 

末友克俊

この記事を担当したのは末友克俊です。

FOLLOW US新商品やイベントなど最新情報をチェック!