ALL-CITY MACHO-MAN DISCのご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALL-CITY MACHO-MAN DISCのご紹介!

早いもので8月ももう最終週ですね。自転車乗りには快適なサイクリングやレースを楽しめる時期が近づいてきていますね。
秋から冬にかけて始まるスポーツと言えばシクロクロスですが、シクロクロスはもちろんの事、毎日のサイクリングにもお勧めできる1台をご紹介させて頂きます。
macho-man-disc-1500
ALL-CITY MACHO-MAN DISC 税込¥257,040(完成車)
ALL-CITY MACHO-MAN DISC F/F 税込¥95,040(フレーム/フォーク)

19533886615_bf11fe591a_z
2013年の登場から瞬く間に人気モデルとなったMACHO-MAN DISC。定評のあるALL-CITYシクロクロスジオメトリーを採用し、初心者から熟練レーサーまでが扱いやすく楽しくライディングできるフレームに仕上がっております。また、1番の特徴でもあるDISC BRAKEもシクロクロスレースでは泥や天候に関わらず安定、確実なブレーキングを提供してくれます。

9452146763_22247b3ac1_z
MACHO-MAN DISCはシクロクロスレーサーというジャンルにはなりますが、シクロクロスにしか使えないレース機材ではありません。普段の通勤、通学からちょっとした冒険までもこなせるタフなモデルです。ALL-CITYオリジナル612SELECT CROMOチューブを採用し、タイヤクリアランスも41Cまで対応しています。また、見えない部分にフェンダーダボも装備しているため、通勤には便利なフェンダーももちろん装備することができます。

19538144381_a2836b12c9_z
2016年からはRED/WHITEのツートンカラーが採用されており、ALL-CITYらしいシンプルで飽きのこないルックスも大きな魅力です。ALL-CITYはアメリカ ミネソタ州 ミネアポリスで生まれたブランドです。このミネアポリスという都市は冬になると-20℃もざらな寒さの厳しい地域です。そんな街では当たり前のように融雪剤が撒き散らされ、融雪剤に含まれる塩分がどうしても自転車に悪さをしていました。そこでALL-CITYのラインナップは融雪剤にも負けないEDコーティングが施され、塗装も分厚く非常に美しいというのも自慢なんです。

多くの方に自信をもってお勧めできるMACHO-MAN DISC。ALL-CITYならではの1台を是非チェックしてください。少しでもALL-CITYが気になった方はこちらのALL-CITY販売店様へお問い合わせください。

ALL-CITY本国HPはこちら。

saku

この記事を担当したのは私です。

saku記事一覧
担当:仕入れマネージャー 愛車:FIT BIKE CO. DUGAN、All-City Big-Block、All-City Macho-Man、YAMAHA WR250R etc 趣味:スケートボード、オフロードバイク、登山、BMX、サイクリング。乗り物が好きです。 担当ブランド:HARO BIKES、SE BIKES、All-City、FIT BIKE CO.、PREMIUM PRODUCTS、ODYSSEY、G-SPORT、MARKIT、ProfileRacing、ACS