ALL-CITY NATURE-BOY DISCのご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気がつけば10月と2015年も終盤となってまいりました。朝晩は肌寒いぐらいの気温となり、1日を通して自転車に乗るには最高の季節ですね。うだるような暑さの中ではなかなか自転車に乗ろうとは思いませんが、これくらいの気温であれば目的地も決めずにふらっと出掛けるだけでも楽しいですよ。

この最高の季節にタフで万能だけれども乗り手次第では攻め込める1台をご紹介させて頂きます。
18913115613_af6e71f1c7_z
ALL-CITY NATURE BOY DISC 税込¥174,960(完成車)
ALL-CITY NATURE BOY DISC F/F 税込¥93,960(フレーム/フォーク)

12816466163_d83719662d_z
ALL-CITY NATURE BOY DISCの最大の特徴はこのフレームエンド形状になります。通常のDISCブレーキ仕様のトラックエンドフレームではディスクキャリパーの位置をハブアクスルの位置に合わせて調整する必要がありました。この問題を一気に解決したのがNATURE-BOY DISCに採用されたフレームエンドなんです!このエンドは内蔵されたチェーン引きボルトを回すだけで同時にデイスクキャリパーの位置が最適な位置に移動するように設計されています。このおかげでどのようなシュチュエーションでも手軽に安定したブレーキ性能を発揮することができるすぐれものです!また、DISCブレーキの採用により41Cのタイヤまで履くことができるのも大きな魅力ですね。

15541807011_946990ae59_z
ALL-CITY NATURE BOY DISCのフレームジオメトリーは定評のあるALL-CITY CYCLECROSS GEOMETRYを採用しておりますので、近所への買い物からシクロクロスレースまでどんな方にもお勧めできます。フレーム素材はもちろんALL-CITYオリジナルCROMO TUBEである612SELECTを採用。モデルに合わせて最適な位置でバテッドさせたオリジナルCROMO TUBEは剛性と重量を高次元で実現しています。また、画像のようにフラットバー仕様にすればスポーツサイクルに慣れてない方にもぴったりです。

15063494957_f79b20a93f_z
CYCLECROSSをイメージされる方も多いALL-CITY NATURE BOY DISCですが、モデル毎に決まった使い方が無いのもALL-CITYの大きな魅力です。画像のような組み方にすればALL-CITY NATURE BOY DISCが都市部最強のメッセンジャーバイクに早変わりです。もちろんALL-CITYのラインナップはミネソタの融雪剤に耐えうるEDコートが施されており、綺麗で落ち着いたツートンカラーも格好良いですよ!

19347487079_db650646c5_z
シンプルで万能でありながらもハイスペックなALL-CITY NATURE BOY DISC。ALL-CITYならではの1台を是非チェックしてください。少しでもALL-CITYが気になった方はこちらのALL-CITY販売店様へお問い合わせください。

ALL-CITY本国HPはこちら。

saku

この記事を担当したのは私です。

saku記事一覧
担当:仕入れマネージャー 愛車:FIT BIKE CO. DUGAN、All-City Big-Block、All-City Macho-Man、YAMAHA WR250R etc 趣味:スケートボード、オフロードバイク、登山、BMX、サイクリング。乗り物が好きです。 担当ブランド:HARO BIKES、SE BIKES、All-City、FIT BIKE CO.、PREMIUM PRODUCTS、ODYSSEY、G-SPORT、MARKIT、ProfileRacing、ACS