SURLYアンバサダー小口良平さんからの手紙【From Bolivia】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。

本日は、新年らしく世界一周のビッグな旅にチャレンジしている”SURLYアンバサダー=小口良平さん”の写真を紹介いたします。

DSC_6866

ここで紹介する写真は、昨年12月にボリビアのウユニ塩湖から送られました。
小口さんは、2007年3月に日本を出発し、約10年かけて世界一周にチャレンジしています。
彼の愛車は、サーリー/ロングホールトラッカー
旅が進むにつれ、自転車とそこに満載された荷物、そして何より小口さんご自身の風貌が劇的に変化する様子が見て取れます。
そこに冒険の厳しさを垣間見ることができます。

そんな過酷であり、豊かな自然の表情を伝える小口さんの写真に添えられたご本人からのメッセージをそのまま紹介しましょう。

「私は、2015年8月に南米の玄関口となるコロンビアに入り、順調にエクアドル、ペルーと下り、現在はボリビアのウユニ塩湖という場所にいます。
クリスマス、年末年始は自転車乗りにとって最高の場所で過ごす予定でいます。
通称『宝石の道』。
600km近く、標高4,000〜4,800mの峠を何度も越え、ダートと岩石と砂漠ばかりの道を走ります。
南米最難関ルートと呼ばれる所以を、この足で、ペダルで実感してきたいと思います。

 その後は、チリ、アルゼンチン、ブラジル、仏領ギニア、スリナム、ガイアナ、ベネズエラと南米を1周し、ゴー ルのニューヨークを目指します。
現在147カ国、143,000km。
8年以上続けている旅も、残すところ1年以内となりました。
ラストスパート、最後まで安全運転で旅を続けたいと思います。

 みなさまに再会出来るのを心より楽しみにしています。
ご健康と実りある日々を、南米の旅の空よりお祈りしています」

**********

小口さんの旅について、興味がある方は、ぜひ彼のブログFacebookをチェックしてください!
そして、いつか行く旅を夢見て、この日本で日々、ロングホールトラッカーに乗るなんていうのもアリですね(笑

小口さん、良き旅を! 
そして、皆さまも今年こそ小さな旅に出ませんか?

SHUJI

Shuji

この記事を担当したのは私です。

Shuji記事一覧
担当:マーケティングマネージャー 愛車:SURLY 1×1、CROSS-CHECK、ALL-CITY BIG BLOCK、MONGOOSE LEGION、etc 趣味:ユルく自転車に乗ること。BARで飲んだくれること。サッカーなど。 担当ブランド:SURLY、XTRACYCLE、45NRTH