Salsa Cycles新商品の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前まで自転車に荷物を積もうと思った時には何かしらのラックを自転車に取り付け、そのラックに荷物を縛りつけるか、ラックに更にパニアバッグを取り付けそのパニアバッグに荷物を入れる方法が標準的だったと思います。

しかし、パニアバッグまで装着し自転車の総重量が重くなってしまった割りに運びたい荷物は少ししか無い。
「これだけの荷物を運ぶ為になんか大袈裟になっちゃったなぁ」と思った事はありませんか?
僕はあります。

そこで、フレームバッグなんです。


フレームバッグは装備重量増を極力抑えつつもサイズによってはライド後の着替え、ハイドレーションバッグ、補給食、タイヤ・チューブ等の補修部品を詰め込んでもまだスペースに余裕があるほどの容量があります。

今日、ここで紹介するフレームバッグはSalsa Cycles Warbirdの各フレームサイズに合わせて設計されていますので、貴方がお乗りのWarbirdのフレームサイズに合う物を選んで頂けると前三角を最大限に活用した収納スペースを作る事が出来ます。
※フレームサイズ53cmで約10リットルの容量です。


通勤ライドや休日のロングライドでその利便性を試してみてください。

Shosei

Motocross International Ltd.

この記事を担当したのは私です。

Motocross International Ltd.記事一覧
SABROW(三郎)です。モトクロスインターナショナルの広報担当です。気まぐれでMXの事務所にお邪魔して、ニュースやイベント情報、商品紹介をしますよ。