11hb_01

ホフマン バイクス(アメリカ)

取り扱いアイテム
すべて

BMXフリースタイルは約30年前にカリフォルニア州で生まれた。その後80年代の終わりまでコンテストもプロライダーもこの州の中で発展していた。

その80年代の中盤わずか13歳で遥かかなた中西部オクラホマ州から初めてコンテストに参加して西海岸の当時のプロたちを驚かせた少年がMat Hoffman(マット・ホフマン)。そのわずか2年後、Ride誌が「これまでの限界を全く無視し、バートライディングの意味をわずか15歳で新たに書き換えてしまった!」とコメント。そしてその直後から世界中を回るデモショーを企画、後進育成のためにコンテストを全米各地で主催、1991年にはわずか19歳で「自分を含めたライダーが安心して乗れる自転車」を作りたいとHoffman Bikes社を設立。Dave Mirra(デイブ・ミラ)を始めとする他数の偉大なライダーをHoffman Teamの中で育てた。同時に初心者ライダーの目標としてのBS( bicycle stunt)コンテストを苦しい予算の中から全米各地で開催し続けた。後にそれをX-GamesのESPN社に売り込み、自らがその運営をして BMXをX-Games随一の人気部門に育てると同時に今日のBMXスポーツの世界中での認知度を作り上げた。偉大な功績とはうらはらに彼の謙虚さは変わる事が無い。彼はBMXが生き方を教えてくれたという。

自分の決意さえ有ればどんな技もいつかできるのと同じように、人生の目標も思い続ければ達成できると。。。”Where there is a will, there is a way.”(意志の有るところには道がある。)
誰よりも高く飛ぶバートライダーとして愛称”The Condor”(コンドル)の異名を取るMatの20年前の情熱は今も変わらない。「世界一のBMXバイク」をライダーの手でライダーのために作るために。

INSTAGRAM写真でこんにちは!