xtracycleleap

エクストラサイクル(アメリカ)

取り扱いアイテム
すべて

「毎日がアドべンチャー」というメッセージを世界にひろげる【Longtail bike(ロングテールバイク)】の元祖ブランド【Xtracycle(エクストラサイクル)】社は、1998年にスタンフォード大学の大学院生だったRoss Evans(ロス・エヴァンス)によって創立されました。

メカニカルエンジニアリングと南米地域研究の2つを専攻していた彼は、90年代半ばにニカラグアに渡り、第3世界の人たちのために、一度にたくさんの荷物を運べる有益な自転車を作ろうと試みました。現地で入手できるスクラップの自転車を切断、溶接してロングテールバイクを作り上げました。そこで得た経験をベースに、ロングテールバイク・キット【フリーラディカル】を開発。自宅で長年眠っていた古いマウンテンバイクなどをロングテール化して、再度命を吹き込む画期的な商品として、日本でも多数の愛好家を生みました。

その並外れた積載力から、日常的な買い物の荷物はもちろん、ペット、サーフボード、コンピューター、楽器などを軽々と運ぶことができます。そんな実力から、単なるモノではなく自動車に依存しない生活を楽しむムーブメントの核へと成長しました。

フリーラディカルに続き、2009年にはロングテールバイクの完成車【Radish】を発売。東日本大震災の際には、ガソリンが枯渇した被災地で荷物や子供たちを乗せて走れる道具として活躍しました。

その後、2013年に20インチの後輪を搭載した完成車【EdgeRunner】を発表。保育園や幼稚園への送迎用として、日本でも子育て世代の注目を集めています。

そして、20171月。フリーラディカルの後継となるロングテール・キット【LEAP(リープ)】の発売を開始いたしました。ホイールサイズ20インチ~29+に対応。さらには剛性感を飛躍。新しいロングテールバイク・ライフを可能にしました。

「僕たちが作るバイクやロングテールシステムが、二酸化炭素排出量を削減できると信じている。たったひとつの会社が全世界を救うことはできない。でも、少しでもそこに近づくために皆様とライディングを楽しんで行きたい」

創業者のロス・エヴァンスは熱く語りました。


夢あるバイクカンパニーが贈る未来のライフスタイル。そして、「人と人とを繋ぐ」新しいライフスタイルをはじめてみませんか?

INSTAGRAM写真でこんにちは!