PRIMO,STRANGERブランド紹介です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はアメリカ西海岸のブランドPRIMO、STRANGERのご紹介をさせて頂きます。
PRIMOは1990年南カリフォルニアのロングビーチ市の倉庫の一角で数個のBMXパーツの販売から始まりました。
ライダーブランドではありませんが、その時代ごとのライダーのアイディアや意見を取り入れ、BMXの歴史に残る名作パーツを数多く生み出してきたブランドはPRIMO以外には無いのではないでしょうか。

1995年にはプラットフォームペダルの傑作SUPER TENDERIZER PEDALを発表、その真ん中がへこんだ形状や取り換え可能なピンなどフリースタイルペダルの走りとなり爆発的ヒットとなりました。
また、その圧倒的なスネペダルの威力も当時のライダーの記憶に今でも深く残る事になったのではないかと想像します。

ペダルの肉厚さと取り外し可能なピンによりペダルグラインドを好むライダーからや、単純にグリップ力の良いペダルなので今でも圧倒的支持を得ている不滅の名作です。
ちなみに1/2サイズも出ているのでママチャリに付けて通勤、通学に使用することも可能です。

このように時代ごとにヒット商品を生み出してきたPRIMOは現在に至るまでも、そしてこれからも革新的なパーツを作り続けていくことでしょう。

次に紹介するのはPRIMOと同系列のブランドで2009年にRICH HIRSCHが新しく立ち上げた異色のストリートブランドSTRANGER。
LOTEK FOOTWEARを代表するように並外れたデザインセンスで他とは一線を画すフレームブランドです。
フレームデザインはもちろん、そのジオメトリーに至るまでこだわりがあらわれておりすべてのフレームが完全ストリート設計になっております。
昨年の冬には規格外のフレームBALLAST EVO FRAMEを発表。これまでFREESTYLE BMXでは使われていなかった1.5 TAPERED HEADを採用し今までにない剛性のフレーム、フォークセットで業界を震撼させました。

また、クロモリ製でありながら圧倒的コストパフォーマンス、カラーバリエーションのCRUX V2 FRAME

個性的な所属ライダーのデザインや設計を落とし込んだシグネチャーフレームを次々と発表。
その中には現在のストリートシーンを牽引するライダーが数多く所属しています。
Eric Lichtenberger

CONNER KEATING

NATE RICHER

また、昨年の冬から新たにPRIMOチームに唯一無二のライディングで話題の佃 優海が加入!
STRANGERチームには若手人気ライダーのSTEPHAN AUGUSTが加入しました!

また、CHASE DEHARTがPRIMOチームに戻ってくるなど最強の布陣でシーズンインしたPRIMO、STRANGERチームで世界中の話題をかっさらっています!

そんなPRIMO、STRANGERチームから第一弾のDVDが発売!
日本には2019年4月中旬入荷予定です。

今もっとも熱いPRIMO、STRANGERから目が離せません!!

genki

この記事を担当したのは私です。

genki記事一覧
担当:アウトサイドセールス 趣味:BMXダートジャンプ  野外炊爨 愛車:FIT BENNY YAMAHA BRONCO 担当ブランド:SE BIKES CULT FURTHER FIEND ODI TRIP