HOW TO ペダル交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今回はBMXを完成車で購入して初めて交換するパーツNO.1に選ばれるであろうペダルのペダル交換HOW TOになります。
ペダルはBMXでは体に直接触れるパーツとしてかなり重要なパーツになります。
食いつきの良いペダルや食いつかないペダル、踏み面の広いペダル、狭いペダル。
その他にもペダルの分厚さ、カラーなど各々のこだわりが現れる奥の深いパーツがペダルです。
最初からなんとなく付いていたペダルからお店の人が勧めるペダルに変えてみたら調子が良くなったという事も良くあります。
意外と大切なペダル。その交換方法について今回HOW TOを作ってみましたので是非、ご覧ください。

動画だけでは分かりにくい点もあるかと思いますのでポイントを説明させて頂きます。

・用意するもの

ペダル

グリース

ペダルレンチまたは15mmのスパナ(ODYSSEYのペダルの場合は17mmになります)

・ペダルを外すときのポイント
画像のようにペダルを踏む方向と逆方向にペダルレンチを回すとネジが緩みます。
左右ともこの要領で外せます。

・ペダル取り付けのポイント
まずはペダルのネジ部分にグリースを塗ります。
※これを忘れるとネジが焼き付いてペダルが外せなくなる可能性がありますので確実に塗ってください。

ペダルのネジにはRIGHTとLEFTがあるのでそれぞれクランクのRIGHTとLEFTに合わせてください。
一般的には画像のようにペダルのネジ部分にR、Lの表記がありますのでそれで見分けてください。

ペダルの取り付けの際はレンチをかけて進行方向と逆方向(裏返しの状態だと反時計回り)にクランクを回すと簡単に取り付けれます。

ペダルのネジが緩んだ状態で自転車に乗っているとクランクのネジ穴が使えなくなってしまうことがありますのでしっかりネジがしまっているか確認を忘れずに。

以上がペダル交換のポイントになります。
ペダル交換の際にはODYSSEYから発売されているTRAVEL TOOLでもペダル交換可能です。
TRAVEL TOOLは15mmと17㎜の2種類のスパナが付いているのとその他BMXの整備に役立つ工具が付いていて便利です。
詳細はこちらから

今回HOW TOに使用したペダルはSHADOW SURFACE PEDALです。
薄めでペダル中央が窪んだ形状のこのペダルはグリップ力がバツグンなのでオススメです。
今回使用したものはBLACKカラーになりますが、その他にもカラーバリエーションが豊富です。
SURFACE PEDALの詳細はこちらから

それではお気に入りのペダルに交換してBMX LIFEを楽しみましょう!!

genki

この記事を担当したのは私です。

genki記事一覧
担当:アウトサイドセールス 趣味:BMXダートジャンプ  野外炊爨 愛車:FIT BENNY YAMAHA BRONCO 担当ブランド:SE BIKES CULT FURTHER FIEND ODI TRIP