『BMX・マウンテンバイク・モトクロスバイクにオススメ』注目ブランドFIST Handwear!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

FIST 担当、ゴタンブです。

 

寒い!!寒いですね・・・

雪がよく降りますね!スノーボード、行きたいですね!!

 

もうすぐバレンタイン。ですね。

 

ホワイトデーがあるのって日本と韓国だけ?とか聞いたことがあります。。

なんでだろう?

 

 

 

 

 

 

ということで(?)本日は”FIST愛”を改めてお伝えしたいと思います。

 

FIST Handwear(フィスト ハンドウェア)は、オーストラリアで生まれました。

2009年、ウエアやギアに合わせてグローブを作ることに疑問を感じたブランドクリエイターのSAM MOOREが立ち上げた、

今までにはなかった”グローブ”のブランドです。

 

ブランドが少しずつ広まってきた今でこそ、ソックスやTシャツなどのアイテムがありますが、そのアイテムたちもすべて”グローブ”を中心につくられたもの。

 

まだまだ新鋭のブランドながら、2021年東京オリンピックのBMXフリースタイル出場選手の9割が着用。

驚くべきスピードで”グローブ”界へ浸透してきてます。

その魅力は、常に先を行くデザインを生み出しつづけ、私たちを飽きさせないこと、またその使用感の快適さだと思います。

 

 

素材としては、手の甲側は「ツイルスパンデックス」という生地が使われています。

「ツイルスパンデックス」は、水着のような伸縮性を持ちながら、通気性と耐久性に優れた生地です。

この素材のおかげで、素手にしっかりとフィットし、手を握りこんだ時でも突っ張ったりせずストレスを感じさせません。

 

手のひら側は「クラリーノ」という生地。この素材にも快適さの秘密があります。

「クラリーノ」という素材は、ゴルフグローブ等にも使われている合成皮革です。

水にぬれても劣化しづらく、手のひらにしっかりと馴染みやすい素材です。

手のひらには、それぞれのグローブのデザインに合わせたシリコンプリントがされていて、これがさらにグリップ力を高めてくれるのです。

 

 

あと、個人的にこれもフィット感を高めてくれてるとおもうのが、縫製です。

縫い目がすごい滑らかで、指が立体の形で縫われてるのでと指の間もツルツル?スルスル?なんです!

 

立体っていう意味で言うと、グローブって置いてある状態だと大体真っ直ぐというか平らになると思うんですが、

FISTのグローブは最初からちょっと指が曲がった状態につくられてるんです。

その理由として、ヒトって手を楽にしてるとき、ちょっと指まがってますよね。

(オレは指ピンピンが楽なんや!!!!という方がいましたらスミマセン。。)

その曲がった状態に縫製することによって、グっと握りこんだとき余計な突っ張りを感じなくて済むのです。。

 

デザインがカワイイ&カッコいい&派手なのが多いので、デザインにどうしても注目されがちなのですが、

多くのライダーに愛されている理由として、機能的な面もちゃんと考えてつくられているのです。。

FISTについて少しでも知っていただけましたでしょうか?

 

FISTを愛用いただいている方や、FISTの考えが好きな方を#FISTARMY とよび、その#FISTARMY はBMXやMTB、オフロードモーターバイクなどの二輪の枠を超え、ウィンタースポーツのインナーグローブやトレイルラン、釣りにまで!!どんどん広がっています。

 

あなたの人生にちょっぴり彩を足してくれる、FIST Handwear。

 

下記販売店様にてぜひ一度ためしてみてください!

 

 

FIST Handwearのラインナップが豊富なお店様をご紹介します。

 

 

それでは、はっぴーばれんたいん!!(ちょい早いけど)

素敵なグローブをみつけてくださいね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を担当したのは五反分真紀子です。

五反分真紀子記事一覧

FOLLOW US新商品やイベントなど最新情報をチェック!