CULTサポートライダーがオススメする、KINKBMXのフレームラインナップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モトクロスインターナショナル サポートライダー&スタッフの彼末 崚です!

僕がサポートしていただいてるブランドはCULTなのですが、今回はKINKBMXのフレームラインナップをご紹介したいと思います!

KINKBMXはモトクロスインターナショナルの取り扱ってるブランドの中で、個人的にはかなり好きなブランドのひとつです。

 

というのも、僕が生で海外ライダー達を見たのは、KINKBMXのライダー達が初めてだったからです。

初めて海外の有名なライダー達のライディングを見たあの光景や思い出は、10年近くたった今でもかなり鮮明に覚えています。

KINKBMX JAPAN TOUR – PHOTO

 

 

僕の思い出はさておき、本題KINKBMXのフレームについて。

KINKBMXのフレームは、僕の中で他のブランドに比べて軽量なのが特徴。というイメージです。

 

さらに、最近のKINKBMXのフレームに関してのイメージは、

・色鮮やかなフレームが多い。

・KINKサポートライダーはストリートライダーが多いので、ストリート向けフレームのラインナップが充実している。

この二つも大きな特徴だと思います。

 

ストリート向けフレームの大きな特徴は、チェーンステーの短さ

これも一概に短ければ良い。という訳では無く、乗り方のスタイルによって変わってはくるのですが、メリットが多いのは間違いないです。

・バニーホップする時のフロントアップが軽くなる。

・回転系トリックが回りやすくなる。

これがチェーンステーが短いフレームのメリット

この二つがあることによって、成長スピードが速くなるのは間違いないです。

 

 

僕の経験談なのですが、BMXやる前にMTBストリートをやっていました。

バニーホップする時にフロントタイヤを上げるんですけど、僕は身長がデカい方ではないし、乗っていたMTBもストリート向けのモデルでも無く、チェーンステーがとても長いフレームに乗っていて、フロントが全然上がらないせいでバニーホップが全然上達しなくて、かなり苦労しました。

その後BMXに乗り換えたんですけど、あまりのフロントの上げやすさに、BMXを買ってから家に帰る途中バニーホップしたら思いっきり後ろに捲れて、派手にコケた記憶が鮮明に残っています。(BMXも初日なのに結構傷つきました笑)

それからというもの、フロントアップがしやすくなったおかげで、バニーホップの高さの成長スピードが急速にあがって、数ヶ月で7,80㎝くらいまで飛べるようになりました。

ってくらいチェーンステーの短さや、体の大きさに見合ったバイクのコンパクトさっていうのは重要なのです。

 

なので、ストリートを今後やりたい!というライダーの方には、チェーンステーが短いフレームを僕はオススメします!

一応デメリットも書いておくと、スピード出した時の安定性が、チェーンステーが長いフレームに比べて少し劣る点。

ただ、短いフレームでもガンガンスピード出してトリック決めてるライダーもいるので、慣れれば大丈夫ですし、結局上手くなればそこまで関係ないです。

 

 

という訳で、KINKBMXのフレームラインナップから、まずは最新のHobie Doanシグネチャーフレーム Roll Upフレームを紹介したいと思います!

 

 

ROLLUP FRAME – 税込59,400円

COLOR: ED-BLACK, GLOSS VELVET FADE, MATTE RAW

Toptube Size 20.5″, 20.75″
BB Height 11.75″
Chainstay 12.75″ Slammed
Headtube Angle 75°
Seattube Angle 71°
Seattube Height 9.25″

 

モトクロス40周年の際に来日したHOBIE DOAN。 僕もイベントに行っていて、ストリートのショーをやるためにBOXやレールなどを設置していたら話しかけてきてくれて、「何か僕に手伝うことは無いかい?」 と言ってくれて、やんちゃそうなイメージでしたけど、すごい優しい人なんだなと感じたのを覚えています。(実際結構やんちゃだったんですけど笑)

彼は、ずっとNATHAN WILLIAMSのフレームに乗ってライディングしていたのですが、今回ついに待望のシグネチャーフレームが登場です! WILLAIMSフレームに比べてヘッドチューブの角度が0.5°寝ているので、さらに安定性をプラスした乗り味が期待できます。

 

カラーは3種類。今流行りのフェードカラーや、艶消しのRAWカラー、定番のブラックと色合いもカッコいいです。

 

さらにフレームの細かい情報ですが、リアエンドの長さがその他のKINKフレームに比べて長めにつくられていて、12.75~13.25近くまで長さ調節が出来そうでした。

ライダーにとっては意外とこういうところも魅力的な点です笑

実際に組んでみて乗った時に、少しリアが短すぎるな~。チェーンを半コマ継ぎ足してリアの長さを長くしてみようかな? と思った時に、このエンドの広さのおかげで融通が利いて凄く有り難いんですよね。

(チェーンの長さ、スプロケットの歯数によって、希望通りのリアの長さにはならない場合もあります。)

 

 

 

ROYALE FRAME – 税込52,800円

続いてはKINKBMXの中でも、もっともクイックな乗り味のフレーム ROYALE フレーム

COLOR: ED-BLACK, GILDED BRONZE, IMPERIAL PURPLE

Toptube Size 20.5″, 20.75″
BB Height 11.7″
Chainstay 12.5″ Slammed
Headtube Angle 76°
Seattube Angle 71°
Seattube Height 9″

 

ROYALEフレームは、12.5というBMXのフレームの中でもかなり短いチェーンステー長で、さらにヘッドチューブアングルも76°と、かなり立っているので バイクの反応が速くなり、先ほど紹介したROLLUPフレームとはまた違ったクイックさを感じれます。

CULTには今現在ヘッドチューブアングルが76°のフレームラインナップが無いので、個人的にはかなり乗ってみたいフレームです!

 

 

WILLIAMS FRAME – 税込58,300円

今や完全にKINKBMXのイメージが付いた、NATHAN WILLIAMSシグネチャーフレームは、少し前に新色が登場!

COLOR: ED-BLACK, GLOSS FIREBALL RED, GLOSS HONEY BROWN

Toptube Size 20.5″, 20.75″
BB Height 11.7″
Chainstay 12.75″ Slammed
Headtube Angle 75.5°
Seattube Angle 71°
Seattube Height 9″

 

今回新たに追加されたのは、GLOSSカラーREDBROWNです。 写真で見てもものすごくいい色しているのですが、生で見るとさらにカッコいいです!!

 

 

CROSSCUT FRAME – 税込58,300円

COLOR: ED-BLACK, MATTE SLATE BLUE, MATTE VIOLET GRAY, MATTE STEEL BLUE(NEW!)

Toptube Size 20″, 20.5″, 20.75″
BB Height 11.6″
Chainstay 12.5″ Slammed
Headtube Angle 75.5°
Seattube Angle 71°
Seattube Height 9.25″

 

CROSSCUTフレームは、先ほど紹介したROYALEフレームとスペックは似ています。

違う箇所は、BBハイト0.1インチ低くなった11.6、ヘッドチューブの角度が0.5°寝ている75.5°

そして、シートチューブの高さが0.25インチ高くなっている。この3点

安定性がプラスされているという感じですね!

 

トップチューブサイズが20インチのラインナップがあることも、魅力のひとつです。

僕の知り合いの女性ライダーが、このフレームに乗っているんですが、小柄な体格にあっていて、とても乗りやすいと言っていたので、そういう方にオススメ!

 

今回、新色も追加されています。 一見、上の写真のMATTE SLATE BLUEカラーと同じように見えますが、このMATTE ”STEEL” BLUEは、明るいブルーカラーで表面が少しざらついた加工が施してあり、 かなりオシャレな色合いのフレームになっています!

 

最近KINKBMXのチームライダーに加わった、ANIMALBIKESからもサポートされている、Harrison ArcariもこのCROSSCUTフレームに乗っています! 彼は乗り方がかなり今時でお洒落で、これからますます注目されていくであろうライダーのひとりなので、ぜひインスタグラムをチェックしてみてください!

Harrison Arcari – Instagram

 

 

TACTIC FRAME – 税込55,000円

COLOR: ED-BLACK, MATTE MIDNIGHT BLACK, GLOSS METALIC GREEN

Toptube Size 20.5″, 20.75″
BB Height 11.6″
Chainstay 13″ Slammed
Headtube Angle 75°
Seattube Angle 71°
Seattube Height 8.5″

 

TITANフレームから名前が変わった、TACTICフレーム。ジオメトリーなど特に変更はなく、ステッカーデザインやカラーが新しくなっています。

チェーンステー長13インチ、ヘッド角度も75°で安定感も備えつつ、ある程度のクイックな乗り味も味わえるバランスの取れたフレームです。 重量も約2.2kgなので、軽量なところも魅力のひとつです!

 

 

いかがだったでしょうか!? KINKBMXの現行フレームラインナップ。

一部紹介していないフレームもありますが、KINKBMXのフレームは、ストリートで乗るにはうってつけの

フレーム達が沢山ありますので是非ご検討のほどよろしくお願いいたします!

 

 

この記事を担当したのは彼末 崚です。

彼末 崚記事一覧
モトクロスインターナショナルサポートライダー スポンサー:Motocrossinternational, CULT, FIVESTARBMX

FOLLOW US新商品やイベントなど最新情報をチェック!