ALL-CITY MACHO-MAN CYCLOCROSS BIKEのご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ALL-CITY NATURE-BOY SINGLESPEED-CYCLOCROSS BIKEのご紹介。に続き、ALL-CITY MACHO-MAN CYCLOCROSS BIKEの紹介をさせて頂きます。

MACHO-MANALL-CITYの定番ラインナップとして発売されてから3年が経とうとしています。
MACHO-MANはNATURE-BOYと同じジオメトリーを採用した多段ギアのシクロクロスレーサーです。
NATURE-BOY同様、シクロクロス競技車両として十分なジオメトリーに細身のシルエットが美しい仕上がりです。レースを意識しながらも目立たないフェンダーマウントが装備されている事も大きな特徴です。
ALL-CITYから提案されるすべてのモデルに言えることですが、彼らの提案する自転車は毎日乗ることを大前提に考えられています。毎日の通勤、通学、散歩等、いかにレースを意識して作った自転車でも毎日乗れなければ意味が無いのです。
MACHO-MANもこのコンセプトが大きく反映されている1台とも言えますね。


シトロン/ホワイトという斬新かつどこか落ち着きのあるフレームカラーにSHIMANOのCXコンポーネンツを搭載したシクロクロスモデル。MACHO-MANはシクロクロスモデルという事もあってカンチブレーキを採用しています。このカンチブレーキはシクロクロスレースでは抜群の泥吐け性能を持ち、メカトラブルを減少させてくれます。また、普段の使用ではタイヤサイズを気にすること無くお好きなタイヤを選べるのも大きな魅力です。
また、NATURE-BOY同様目立たない場所にフェンダーマウントを装備している為、街乗り時のフェンダー取り付けや、キャリア取り付けも可能です。
もちろんシクロクロスに拘らずバーハンドル仕様へのカスタムやフロントチェーンリングをシングルにしても格好良いと思います。形式に捕われず幅広いカスタムにも対応できる懐の深さもMACHO-MANの特徴ですね。


新しい自転車が気になっていた方、毎日の通勤通学からシクロクロスレース、ツーリングまでと幅広く対応する魅力的なMACHO-MANを是非候補に入れてみてはどうでしょうか?

このモデルが気になった方は全国のALL-CITY販売店様へお問い合わせください。

tagosaku

Ushijima

この記事を担当したのは私です。

Ushijima記事一覧
担当:メカニック ブランド担当:XTRA CYCLE 初めて買ったBMX ・HOFFMAN BIKES : LOYALTY3 好きなブランド ・XTRACYCLE ・HOFFMAN BIKES 乗るところ ・ゴンゾー ・スラムパーク ・地元(名古屋) 乗っている自転車 ・XTRA CYCLE : EDGERUNNER SWOOP BLUE ・HOFFMAN BIKES : LOYALTY5 欲しい自転車 ・HOFFMAN BIKES : HB BAMA 21” FRAME BLACK